新着情報

新着情報

一覧へ

2017年4月18日

食文化「うなぎ」を守るために、今、すべきこと 講演会 (協)浦和のうなぎを育てる会からのご案内

 ニホンウナギが2014年6月に国際自然保護連合により絶滅危惧種に指定されました。昔は、埼玉県でも、川、水路、水田、至るところにウナギが棲んでいましたが、今や激減し、目にすることはほとんどなくなりました。
 要因にはシラスウナギの乱獲だけでなく、様々な河川工作物や河川工事によりウナギの生息場(エサ場、隠れ処)が失われたことも大きいと考えられます。ウナギが生息できる河川環境を取り戻すために、今、何が必要かを考えます。

◆開 催 日  平成29年5月15日(月)午後2時〜4時

◆テーマ   「食文化「うなぎ」を守るために、今、すべきこと」

◆場  所    さいたま市浦和区高砂3−1−4 埼玉会館 7B 会議室

◆講 師   中央大学法学部 准教授 研究開発機構
         ウナギ保全研究ユニットリーダー 博士(農学) 海 部 健 三 氏

◆申込方法 セミナー参加申込書(PDF)をダウンロードしてFAXでお申込みください。

食文化「うなぎ」を守るために、今、すべきこと

上へ